椅子の修理

ikususuの製品は主に無垢材を使用しております。設計、製作において、丈夫で長く使えるものを目指してはいますが、「木」という自然素材を相手にしている以上、割れる。折れる。反る。欠ける。などの不具合が生じることは避けられないことです。その確率を限りなく低くする努力が私たちに求められることでもあります。

また一方で、起きてしまった不具合の対処も同じぐらい大切なことで、直して使うことができる無垢材の家具の良さを感じていただけるきっかけでもあると思います。

「壊れたから新しく買い換える」ではなく「直して使う」を選択していただいたからこそ、修理の依頼と共に使い古された家具が私たちのもとに届くと思うと、その期待に応えるべくより愛着を持って使ってもらえるようにと意気込むのです。

今回届いたIXC-03のイスは前脚が裂けてしまっている状態で、前脚を新品と交換することになりました。

まずはノミで必要ない破損した前脚をていねいに削り落としていきます。必要な部分は傷つけないように慎重に。

次に新品の前脚を接着。クランプで締め付けます。

ガタつきがないか確認して全体を研磨してオイルを塗ります。

オイルの色ムラもそれほど違和感なく仕上がったと思います。経年変化で使い古した部分と新品の色の違いはどうしても出るので、交換修理の場合はそれも経歴のひとつとして広い心で受けとめていただけるとうれしいです。

こうして直されたイスが再びお客さまの元で末永く使っていただけることを願います。

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です