きょくせん・・・に挑戦?!

先日、試作途中とアップしましたフラワーベース(「新」 – ブログ)ですが、お店(岐阜店)に置いてみました。

色々、まだ詰めていくところはあるのですが・・・

イクススの家具のデザインは、シンプルでシャープ、直線が際立つものが多いです。角の取り方なども繊細にこだわり、無骨な、無垢材を生かすデザインを心がけています。

しかし、こちらのフラワーベース。打って変わって、曲線しかありません(笑)

それが、とても新鮮でおもしろいのですが・・・でも、こうしてイクススの家具に置いてみると、なんとも違和感なく馴染んでいます。

やはり、そこは木工。何をつくっても、作り手が同じならば、できるものには一貫性があるのでしょうか。イクススの思いは、変わらず残っている・・・とみなさまにも感じていただけるなら、嬉しいのですが・・・。

おもしろいのが、ひとつの材ではなく、貼り合わせの材を使っているので、色々な木目が出る事です。そして、どこも繊維を削っている部分が出るので、オイルが染み込み、色味が濃く出ます。それが、よりオイルのしっとり感が出て、なんとも言えない味が出ます。

挿したのは、この花。これは、イクススの自社工場の裏手の山に自生している花なのですが・・・なんとも優雅な花です。切り花にしても、足が早まることなく、次のつぼみも咲きそうです。また、満開になったらきれいなことと思うので、写真に撮ろうかと思います!

あらたなベースものとして、考えております!

 

2017.04.28

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です