ローテーブルの脚を折りたたみにリメイク

いつもいつも、イクススをご愛顧いただいているお客さま。以前ご購入いただいたLT-1100を小さくされたいとご相談にご来店されました。

生活環境の変化などで、適した家具サイズも変わるものです。大きなリビングテーブルは必要なくなったけれど、書き物をするときなど使用するときはたまにあり、また使わないときはしまっておきたい、とのことで、サイズを縮小するとともに、脚を折りたたみ式に改造しました。

こんな感じで収納するので、折れ脚の場合はある程度の大きさの天板が必要です。今回は、折れ脚が付けられる最小のサイズ、幅80cm、奥行60cmです。高さは改造前と変わらず、38cm。これより小さい天板の場合は、脚に回転を付けてぶつからないようにしたりと、工夫します。

端の位置に脚をつけたので、金具が写真だと見えていますが、ローテーブルで目線はもっと上なので、通常使う分にはさほど気にならない部分かと思います。

折れ脚にすると幕板は無くなります。幕板が付いていたネジ穴が天板に残りますが、このようにちゃんと埋めてきれいに仕上げます。

この跡が、以前の姿を残している部分でもあり・・・生活環境により不要になったり使いにくくなった家具も、サイズや仕様を変更して、愛用することを選んでいただけるとは、家具屋として大変ありがたく嬉しい事です!

2017.04.01

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です