Factory

Daimatsu Funiture Crp.
株式会社ダイマツファーニチャー

イクススの工場は、1950年、緑豊かな岐阜の山間で誕生しました。

以来60年以上、一貫して木を使った木工仕事を行ってきました。

長い間に培われた経験と技術により、職人の手からイクススの家具が生まれます。

<本社>
〒501-2114 岐阜県山県市佐賀220-1
Phone: 0581-22-2215 Fax: 0581-22-1551
E-Mail: info@ikususu.com
(代表取締役)田中 俊朗

Alder
アルダー材

イクススでは、アルダー材を主材に家具を製作しています。

アルダー材は、広葉樹ながら軽く動きの少ない材種で、高温多湿の日本の気候に適します。

おとなしい木質がすべすべと触り心地よく、やや褐色がかった色味があたたかなインテリアに。

また、無垢材ながら線の細いデザインが可能で、シンプルな見た目にもつながります。

使用する木材は、森林を守る、循環型の木材を使用しています。

無垢材は呼吸をするので、部屋の臭気や湿気を吸って環境を整えてくれる効果もあります。

Oil Finish
オイル仕上げ

無垢材の呼吸を妨げない、オイル仕上げ。

イクススでは、植物の亜麻の種からつくられる、亜麻仁油を使用しています。

まったくの天然オイルなので、子供がなめたりしても安全で、環境にもやさしいです。

和傘にも使われる亜麻仁油は、水にも強く、テーブルの天板などにも適した仕上げ。

じんわりとオイルが木部に染み込んだ木肌は、しっとりと柔らかな質感。

オイルによって出る濡れ色は、無垢の木に表情が生まれ、味わい深い風合いです。

Maintenance
メンテナンス

メンテナンスは汚れを取るだけでなく、オイルを塗り込むことで木部が活性化して、木が生き生きとします。

必ず必要なことではありませんが、定期的にしていただくことで、より良い状態でお使いいただけます。楽しみながらメンテナンスをしてみてください。

イクススオリジナルのメンテナンスオイルにはレモン成分が配合されており、拭くだけで汚れを取る効果があります。

→オリジナルメンテナンスキット

普段のメンテナンス

  • ペーパーパッドにペーパーを巻き付け、表面を軽く磨きます。※木目に沿って

  • ウエス(布)にオイルを取って大まかに塗ります。※木目に沿って

  • 乾いたウエスに換えて、オイルを塗り込みつつ、残らないようにしっかりとふき取ります。

  • 脚部などにも塗り込みます。

キズや汚れがついたら

無垢の木なので、膨らましたり削ることでキズもきれいにできます。

  • 濡らした布を当て、アイロンで熱を加えへこみを膨らまします。※キズの場合

  • 粗いペーパー(紙やすり)をかけます。汚れはペーパーで削ることで取ります。

  • 細かいペーパーで磨きます。※木目に沿って

  • オイルを塗って仕上げます。乾拭きを忘れずに。