薪ストーブの季節。

薪ストーブの季節が今年もやってきました。キャンプでも焚き火を楽しむ季節ですねー

 

最初に火を付けるとき、着火剤や焚き付け材として小枝なんかを使うと思いますが、うちはこれです!

 

イスの製造過程で出る端材。初めからこの形、テーパー状なのです。何がいいかって、マッチのように1秒ほどで火が付いて、炎を厚い方に登らせていけば炎は大きくなるばかりです。

もちろんこの場合、人工乾燥のされた広葉樹であることが前提にありますが、燃焼に適した形、適した薪の置き方、空気の通し方…深いですよねー

薪ストーブ歴8年ですが、わかった風なのが一番怖いです。驕ることなく火を楽しみたいと思います。

 

そして、イスを作りながら無駄なく焚き付け材を生み出してくれる木に、改めて感謝したくなる、そんな季節です。

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です