今日の景色

みなさま、家具職人を体感していただけてますでしょうか?

今日の景色シリーズ3回目は、バンドソーです。帯鋸盤とも言います。

文字通り、帯状の輪になった鋸が回って、木材を切断していく機械です。特徴としては、切断面が荒く仕上げの前加工という役割を持っていて、直線だけじゃなくゆるい曲線もにも加工することができます。イスの部材の多くは曲線で構成されているので、バンドソーはなくてはならない存在です。

今日は、イスの前脚を鉛筆で書いてある線に成形する工程です。そこで、まず下準備として、バンドソーで大まかに切り落とします。大まかと言っても、このあとの工程の仕上がりの良さにも影響するので、線から3mmほどのところを切り落としていきます。

加工動作はミシンのような感じでしょうか。線から目をそらすことなく一定のスピードで材料を送っていく。送るときの手に伝わってくる感触や刃物の回る音などで、刃物の切れ味の悪さや機械の異常などを感じるので、無意識に五感を使っている状態です。

写真のように切断面は荒いです。このまま家具になるというレベルではありません。この次の工程で精度よく成形しながらきれいに削り上げるのです。

その工程はまた別の機会に。

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です