ダイニングテーブルお色直し

以前、Gifu shopにてダイニングテーブルIXDET-1650TPLをお買い上げいただいた各務原市のお客様から、オイル塗装からオイルウォールナット色に塗り替えて欲しいとのご依頼をいただきました。

お話を伺うと、お手持ちのイスやフローリングの色など部屋の木部の色がウォールナット色で統一されているので合わせたいとのことでした。もちろん、オイル塗装が部屋の中で明らかに浮いてしまっているほどではないにせよ、同系色でまとめられたときの統一感は心地いいものがあります。

そこで、一度工房に持ち帰り、天板、脚それぞれを、削ったり磨いたりしながらオイル塗装してある表面を落としていきます。オイルは浸透するものなので完全に無塗装状態にとはいきませんが、今回は濃い色への塗り直しなのでそれほど影響はありません。

そしてオイルウォールナット色塗料を塗っていくと、しっかりウォールナット色に染まり、新品かのように生まれ変わりました。

ダイニングに置いてみると、お手持ちのイス、フローリング、そして備え付けの収納の扉までウォールナット色で統一され、モデルルームのような雰囲気です。

このテーブルの特徴でもある、脚が隅に付いていて幕板もないことで生まれる「抜け感」。

この軽やかさも重たくなりがちな色合いの空間をそう感じさせないことに一役買ってますね。

お客様は造園業に携わっており、庭のデザインなどをされるとのことで、庭のいたるところに咲いているクリスマスローズを横目に素敵なアプローチを通っての納品が印象的でした。

これからもっと華やかに彩られると思うと、またその頃お邪魔してみたいものです。

どのようなことでも、またお気軽にご相談ください。ありがとうございました。

 

By Gifu Shop

2019.3

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です