シンプルなカウンター下収納

少し前の話になってしまいますが、東京のお客さまからオーダーいただいたカウンター下収納のご紹介です。

お客さまのお宅にあるカウンターに合わせた、高さや奥行きとなっています。

外観は、突板を用いたスッキリとしたシンプルな6枚扉です。

ツマミやハンドルもないプッシュオープンの仕様であることが、シンプルさを強調します。

扉を開いてももちろんシンプル。3セットの観音開きで、それぞれに可動棚が2枚。背板もありません。

カウンターに付けて使うので、必要ないとの潔い決断も大事です。

天板はつばだし仕様。アウトセット扉でも天板だけかぶせておくと、締まりがいい!と思うのは僕だけかもしれませんが…。

プッシュオープンは見た目のスッキリさだけがメリットではありません。両手に荷物をもっているときに膝でポン、とか、洗い物をしていて両手が泡のときに膝でポン、とか。

機能的にも優れた点があるのです。

今回のお客さまのように、すき間収納的な考え方でオーダー家具を考えてみるのもいいですね。

家のあちこちに、デッドスペースとまではいかなくても、何かもったいないスペースってありますよね。そのスペースの有効利用がオーダー家具で実現するのです。確かに安いものではないので、そこにそれだけのコストをかけてまでと思われるかもしれませんが、隙間にピッタリと収まるその気持ちよさは格別です。

整理整頓はテトリスの要素もあると思います。収まるべきところに収まることが気持ちよく、それを模索し続けるわけです。空いているスペースに収めたい形のものがないから、行き先が決まらずモヤッとします。「長いテトリス棒、来い来い!」と思っても正方形が来て積み上がるという現実です。

それがオーダー家具なら、好きな形のブロックを作れるみたいなことでしょうか。

 

おうちにいる時間が長い今、おうちのいろんなところに目が行き、手をかけることだと思います。

おうちのテトリスに行き詰まったとき、「オーダー家具」という禁断の技があることもご承知おきください。

 

By Tokyo

2020.5

 

Contact

この特注についてのお問い合わせ・お見積り依頼は以下よりお気軽にどうぞ

*は必須項目です。

Nameお名前*

セイ

メイ

E-mailメールアドレス*
Phone電話番号*
Addressご住所*
郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
ビル名

Massage内容*

簡単なアンケートにお答えいただけると幸いです。

Q.お問い合わせのきっかけは何でしたか?

Google検索Yahoo検索その他検索エンジン商品を持っている人から聞いてその他

Q.検索で知った方にお聞きします。検索キーワードは何でしたか?簡単で構いませんのでキーワードをいくつかご記入ください。

ご協力ありがとうございました。