loading

イクススとは

「良いものを大切に長く使うこと」
父が私に教えてくれたことの一つです。

友だちの間で流行っているモノ、みんなが持っているモノ、父は私にそういったものを何でも買ってくれる父親ではありませんでした。そのかわり、少し値段が高くても、良質で、私が心から気に入ったものであれば、「大事に使えよ」と言って、買い与えてくれました。
そうして買ってもらったレザーのハイカットのコンバース。私は嬉しくて、それを相棒のようにして毎日履いていたことを思い出します。月日が経って、だんだんと年季が入っていっても、好んで履くのはこのコンバースばかり。「お気に入り」と毎日を過ごす喜びを子どもながらに知りました。

父は、ひとたび気に入れば、気づけばそればかり身に着けてしまう、使ってしまう、そういう人でした。先のコンバース然り、私も同じ気質を受け継いだようです。
現代はありとあらゆるモノに溢れる時代となりました。でも、結局のところ、日々を楽しく彩ってくれるモノ、ふとした時、目に入り、手にした時ほっとするような小さな喜びを感じることが出来るモノって、「お気に入り」なモノたちではないでしょうか。

ikususuは、父が生んだブランドです。シンプルでスタンダード、けれどホンモノの素材だからこそ、時を刻みながら味わいが深まる。そしてそれを楽しむ。イクススの家具の魅力の一つです。ホンモノ志向というと、少し大げさに聞こえるかもしれません。けれど、イクススが目指すのは、トレンドや見た目だけのオシャレではなく、「気取らない」ホンモノ志向です。
安価でオシャレなものが、次々と簡単に手に入る便利な世の中に私たちはいます。それ自体を否定するわけでは決してないけれど、私たちイクススが目ざす「モノと人」の関係は、「良いものを大切に長く使うこと」。そして一緒に時を過ごすにつれ、なんだか愛着が湧いていくような、そんな関係。「お気に入り」のモノは、日々の暮らしにふとした喜びを添えてくれる。商品と一緒にそんなモノとの付き合い方や価値観を多くの人に届けるブランドでありたいのです。無垢材と天然オイル仕上げによるイクススの家具は、使い手の暮らしのスタイルによって、千差万別、時を刻むにつれ、その表情を変えていってくれることでしょう。育てるごとに愛着が湧いて、いつしか「お気に入り」になってもらえる、そんな商品を作り続けてゆきたい。父なき今、イクススがイクススであり続けるゆえんはここにあると、私は思っています。

父が残したイクススには、長きに渡って培われた盤石な技術と、作り手としての誠実さを忘れないベテランの職人がいます。地方の小さな製造業者にとっては、苦しい時代となってゆく中で、父と一緒にイクススの家具を作り続けてきてくれた職人たちです。そして今、木工と家具、ものづくりが大好きで、その作り手になりたいという志を持った若手のメンバーが新たにイクススに加わりました。みな、好きな仕事に携わって、お客様に喜んでもらえるよう、質高く愛される商品を生み出すために、日々、切磋琢磨しています。文字通り、老若男女、それぞれに個性あふれる愉快で心あるメンバーは、イクススというブランドを構成する要素の中でも私の「お気に入り」な部分であり、心から誇りに思っています。

父の残したイクススと、新しく生まれ変わるイクスス。目に見える形やメンバーが代わっても決して変わらないものがある。軸足だけぶれることなく、深く根を張って、より伸び伸びと青く枝葉を伸ばしてゆきたい。これが父からバトンを受け取った私の今の願いです。そしてこの願いはひとえに、イクススが誇る職人と、なによりイクススの商品を気に入って選んでくださるお客様があって叶うものだと実感する毎日です。

これまでのイクスス、これからのイクスス。岐阜の小さな会社ですが、商品はもとより、サービスや社員も含めて、みなさまに愛される大樹となれるよう、ますます成長してゆく所存でございます。今後とも長きに渡ってご愛顧いただけますことを心より願っております。

2020年10月31日

ikususu FURNITURE
株式会社ダイマツファーニチャー

代表取締役

田中 翠

工場長

照井 桂介

Keisuke Terui

ただ誠実に
つくり続けること。

私たちは、日々、特別なことをしているわけでもなく、コツコツと家具を作り続けています。
いたってシンプルです。誠実な仕事をする。
これを来る日も来る日も何年も続けていくことは、簡単ではありません。

私たちが毎日向き合うのは、木であり、布であり、機械であり、道具です。
しかし、使う人に想いを馳せて、喜んでもらいたい一心で仕事に臨むことで、誠実な仕事につながります。

「神は細部に宿る」と言いますが、私たちの使う人への想いは、目に見える形で家具の「細部に宿る」ものです。

アルダー材
アルダー材
イクススでは、アルダー材を主材に家具を製作しています。
アルダー材は、広葉樹ながら軽く動きの少ない材種で、高温多湿の日本の気候に適します。
おとなしい木質がすべすべと触り心地よく、やや褐色がかった色味があたたかなインテリアに。
また、無垢材ながら線の細いデザインが可能で、シンプルな見た目にもつながります。
使用する木材は、森林を守る、循環型の木材を使用しています。
無垢材は呼吸をするので、部屋の臭気や湿気を吸って環境を整えてくれる効果もあります。
オイル仕上げ
オイル仕上げ
無垢材の呼吸を妨げない、オイル仕上げ。
イクススでは、植物の亜麻の種からつくられる、亜麻仁油を主成分としたオイルを使用しています。
天然オイルなので、子供がなめたりしても安全で、環境にもやさしいです。
亜麻仁油は、水にも強く、テーブルの天板などにも適した仕上げ。
じんわりとオイルが木部に染み込んだ木肌は、しっとりと柔らかな質感。
オイルによって出る濡れ色は、無垢の木に表情が生まれ、味わい深い風合いです。
会社名
株式会社ダイマツファーニチャー
所在地
本社
〒501-2114 岐阜県山県市佐賀220-1
連絡先
TEL (0581)-22-2215
FAX (0581)-22-1551
メールアドレス
info@ikususu.com
設立日
1950年
代表者
田中 翠
業務内容
家具・オーダー家具の製造
1950年
株式会社大松屋 創業
ミシンの木製糸巻きボビンを製造する町工場として事業を開始。
高度成長期の間に、自社の木管加工技術を椅子の脚の製造へと転用することによって、椅子を主として、有名家具メーカーなどのOEMを手掛けるように。
ここから、家具製造業者としての生業を始める。
1995年
自社オリジナル家具ブランド、ikususu woodwork shopを立ち上げ。
先代代表、田中俊朗が自社オリジナルブランドとして、ikususu woodwork shopを立ち上げ、丸井百貨新宿店を初め、いくつかのインテリアショップ等で販売を開始し始めたのが、現在のikususuの始まりである。
1997年
株式会社ダイマツファーニチャーへ商号変更
直営店舗、東京深沢店オープン
2004年
工場に最も近いファクトリーショップ岐阜店オープン
2007年
名古屋正規代理店オープン
2009年
東京店を目黒区へ移転
2010年
直営店舗、倉敷店オープン
2013年
岐阜店、改装オープン。現在に至る。
2015年
倉敷店閉店
2019年
先代代表、田中俊朗から現代表、田中翠へと代替わり
2020年3月
東京店閉店
2020年11月
ikususu woodwork shopから、ikususu FURNITUREへ。
関東以北初の直営店舗、仙台店オープン(予定)