ドロワーの引き出しの高さを変更

特注、と言いますか、ちょっとした仕様変更。

こんなことも、工場直営のイクススなら、気軽にできます。

ドロワーは、DRW-04の引き出し4杯か、DRW-06の引出し6杯の、ふたつのタイプがありますが、こんな風に、上半分は3杯、下半分は2杯・・・と言う組み合わせにも出来ます。

もちろん、引き出し高さの特注も可能ですが、既存製品から組み合わせると、コストも抑えて、自分仕様のものが出来ます。

右が6杯のDRW-06。大は小を兼ねる、と言いますが、収納の便利さに関してはそんな事はないなと感じます。この浅引き出しがたくさんあるのが、小物や書類の収納に、案外使いやすいのです。

また、小さな引き出しがたくさん並んでいる見た目がかわいらしい。

でも、薬の瓶や箱など・・・高さのあるものは、入りませんので、収納の用途が決まっている場合は、こんな風に、ちょっと深めのものを合わせるのも良いですね。

見た目の印象も、あまり変わりません。

この深さも、深すぎず、例えばタオルを収納したり。そんな用途にも使えます。

下半分を深い引き出し1杯にするオーダーも、あります。それは、デスクWSTD-55の引き出し部分と同じです。書類を立てて収納したいときなどには、良いですね。

ただ、筆記用具や色々な道具、ワークデスク周りの収納には、こんな小引き出し、おすすめです。

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です