続・春の試作

前回に引き続き、新しく湧いてきたアイデアを書き留めておきたいと思います。何となく仕事中にふと思いついて、辺りにあった材料で形にしたものなので、改良の余地がまだまだあることをふまえて、この先お読みください。

 

ikususuの定番品でBKS-02というコの字型の小ぶりなブックスタンドがありましたが、それに少々の遊び心を加えて、底板に曲げ木材を使って作ってみました。

それでどうなるのかという話ですが、写真のように数冊の本でも倒れなくなるのです。ビッシリ詰めても上に多少のすき間があるのできつくて取り出しにくいなんてこともないです。

またスタッキングができる形状になるので、2段3段重ねてちょっとしたブックシェルフのできあがりです。(サイズの修正が必要なとこですが…)

 

実用性はこんなところで、デザインの話をしますと、収納家具は直線で構成されていることが多いです。矛盾しますが、収納力、実用性を求めると自然にそうなります。そんな中に曲線を取り込むことで空間が安らぐ気がします。

また、こんな形であることで想像力をかきたてられて、いろんな使い方をしてみたくなりませんか?子供はこういうの得意ですよね〜

Coment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です