バタフライ伸長式テーブル

愛知県のお客さまから、伸長式テーブルのご注文をいただきました。

通常の伸長式ダイニングテーブルは天板の真ん中に切れ目があって、両側に開いて伸ばし、真ん中の開いた部分に補助天板を載せてテーブルを長くするという仕組みです。

しかし、今回のご要望はバタフライ。伸びる天板は、羽をたたんだ蝶のようにぶら下がっています。

これの何がいいのかという話になりますと、伸ばす前の状態で使うときに、天板の切れ目がないということです。

伸ばす前の状態で使うことがほとんどだというお客さまには、やはりその切れ目はない方がいいわけです。見た目にも使い勝手的にも。

ということで、バタフライ伸長式テーブルを伸ばしていきます。

ぶら下がった補助天板を持ち上げます。

その状態で、脚部を外に引き出します。

脚と長辺方向の幕板が一部ついてきます。

長辺方向の幕板にすき間ができます。

そこに補助幕板をはめ込みます。

オスメスのピンが付いているので、位置決めも簡単です。

はい、ひと回り大きくなりました。

脚間が広がることで、全体のバランスを損なうこともなく、使い勝手もよくなるのがこの伸長式のメリットです。

開いたところにできる切れ目といっても、ピッタリです。

厳密に言うと、隙間ができるわけではないのです。天板の角は、手あたりがいいように面が施されています。その面があるので、ピッタリ合わせても凹んだ溝のように見えるのです。

ただテーブルサイズが大きくなる「伸長式」といっても、いろんなタイプがあります。

それぞれのライフスタイルに合わせた「伸長式」というものが、いくつかの選択肢の中からご提案することができるかもしれませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

IXDTS-EPT バタフライ伸長式 W1300(1000) D800 H680

アルダー無垢材 /オイル仕上げ

By Gifu
2020.1

Contact

この特注についてのお問い合わせ・お見積り依頼は以下よりお気軽にどうぞ

*は必須項目です。

Nameお名前*

セイ

メイ

E-mailメールアドレス*
Phone電話番号*
Addressご住所*
郵便番号
都道府県
市区町村
丁目番地
ビル名

Massage内容*

簡単なアンケートにお答えいただけると幸いです。

Q.お問い合わせのきっかけは何でしたか?

Google検索Yahoo検索その他検索エンジン商品を持っている人から聞いてその他

Q.検索で知った方にお聞きします。検索キーワードは何でしたか?簡単で構いませんのでキーワードをいくつかご記入ください。

ご協力ありがとうございました。